副業として注目の不動産経営

副業などで不動産経営に乗り出す個人が増え、市場は活況を呈しています。不動産経営をおすすめするのは、アパートやマンション経営で不労所得が期待できることが最大のポイントです。近年は賃金が頭打ちの情態となり、将来支給される年金への不安も高まっています。その他の不動産経営として、所有する空き家や自宅の空き室などに外国人観光客などを有料で宿泊させる「民泊」ビジネスもおすすめです。アパートやマンションの不動産経営は入居者がいる限り安定した収入が得られるのがメリットです。ただしローンを組んで物件を購入した場合、月々の返済のほか税や管理を委託する場合はその費用、修繕費用などが必要です。それらの費用を上回るだけの収益が上がらなければ事業としてなり立ちませんので、常に一定の入居率を保つ必要があります。民泊は営業日数が年間180日以内とすることが閣議決定されハードルが高くなったものの、ホストが居宅の一部を貸し出すホームステイ型の民泊であれば、ビジネスとしておすすめできます。アパート経営に比べ収益率が高く、節税対策としても注目されています。だし、民宿ビジネスを軌道に乗せるには多くの観光客が訪れる地域であることが前提で、東京であれば港区や新宿区、台東区など観光客が利用しやすい場所の方が売り上げが高くなる傾向が見られます。

不動産経営の有益情報

↑PAGE TOP