不動産経営には種類があります

不動産経営の物件としてよくおすすめとされるのがアパート経営が挙げられます。金額的にみても不動産投資をマンションで始めるよりかハードルが低い点が特徴となっています。不動産経営を行うとしてのおすすめのメリットは物件その実物の資産を残すことができることが大きなメリットの一つでたとえ物件がボロでも土地自体に価値があるので価値がない不動産は基本的にありません。 不動産経営は今後ジャンルが増える可能性があります。2060年には75歳以上の高齢者の割合が国民の4人に1人が高齢者となるので高齢者住宅は将来有望と言えます。高利回りが出せると話題になっているシェアハウスは運営していくためには居住者同士のトラブル防止を徹底させる必要があるので管理面でのノウハウが必要があります。しかし従来型の賃貸のように一部屋ごと完全に独立させる必要がなく部屋数を増やせるため非常に人気です。違法営業ということになるため注意が必要でハイリスクハイリターンの投資ですがAirbnbを活用した民泊も非常に人気です。初期投資額が少ないコインパーキングやバイク駐輪場や今後の可能性を秘めているトランクルームなどは事業性の高い不動産投資として期待できるのでおすすめの分野です。

不動産経営の有益情報

新着情報

↑PAGE TOP